洗顔しながらマッサージで日々若返り

年齢とともに皮膚は薄く弱く敏感になっていくのです。

刺激や摩擦は肌を痛めて老化の引き金になってしまいます。そこで、まずはスキンケアの見直しの第一歩として洗顔を見直して負担をかけないようにすることが大事なのです。ついついお肌に与えることばかりに目が向いてしまいがちですが、落としすぎが一番問題になります。洗顔の段階で肌荒れや乾燥を起こすと、化粧水や美容液で回復させるのが至難の業です。そのため、洗顔料選びも洗い方も若い頃とは変える必要があります。

そこで行いたいのが、洗顔マッサージです。最近では洗顔マッサージ専用の洗顔フォームも発売されていますし、何より忙しい中でも洗いながらマッサージできる効率の良さもトライしてみたくなる要素です。この洗顔マッサージは滞った静脈の流れを押し流すことで血行を改善してお肌の透明感やリフトアップまで期待できます。前述のとおり、洗顔によって肌を傷つけないことがポイントですから、気持ちがいいくらいの圧をかけながら指をすべらせていくから、肌への負担はほとんどないのです。

最も太い顔面の静脈があるのは、エラの角から約1センチ内側の浅いくぼみになります。目頭の下のくぼみの部分から頬の丸みに沿うようにして指を滑らせ、太い静脈にむかって流すことでくすみのない小顔を目指すことが可能です。マッサージ後は洗い流すだけという手軽さですから、朝からでも実行ができデイリーケアで若々しいお肌に導いてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *