恵比寿の整体で保険が適応できるのはどんなケースか

恵比寿には整体の施術を受けられる施設がたくさんありますが、どこも医療機関ではなく、治療にあたっている者は医師ではなく柔道整復師です。

そのため、恵比寿の整体で保険が適応できるケースは患者の状態からいってやむを得ない場合や、特定の症状であって医師から接骨院での治療に同意を得ている場合に限られます。

例えば、恵比寿の整体で治療を受ける人の多くは肩こりや腰痛、五十肩を改善させるのを目的としていますが、これらの症状の治療費は全額自己負担です。日常生活の中で生じるようになった症状や、加齢に伴って起こるようになった症状には保険を適応させることはできません。適応させられる症状は外傷性の骨折や脱臼、捻挫、肉離れであり、それ以外はどんなに重症でも対象外です。

また、対象の疾病にかかっていても、原因が数年前の交通事故の負傷だった場合は保険診療にはなりません。交通事故の後遺症を恵比寿の整体を利用して治療する場合も同様に対象外であり、治療費は全て患者の負担になります。一方、仕事や通勤の最中で事故に遭遇し、骨折や脱臼をしてしまった場合は、健康保険の対象であっても労災保険を利用して治療を受けた方が良いです。労災保険の給付を受けるためには法令で定められた手続きをとらなければなりませんが、トラブルなく手続きが済めば、治療費の自己負担はゼロとなります。ただし、労災指定施設となっていないところではこの方法を利用することができないので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *